リサーチアナリスト

関は、公共政策及びマネジメント学のバックグランドを持ち、以前は東京にあるErnst and Young(EY)のコンサルティング部門で働いていました。 彼は、そこで経済産業省から委託を受け、女性起業家の支援や外国人労働者の労働・生活環境改善等のトピックついて調査を行っていました。とても旅行が好きで、アジアや国内を散策する際は、いつも新しい・珍しい食事や冒険を楽しみにしています。彼は最近、昆虫食に興味を持っています。これまでにサソリ、コオロギチョコレート、タガメサイダーを試したことがあり、次の旅行でも何か新しいものに挑戦することを決めています。世界の食システム、アグリビジネスの探求に興味があるだけでなく、仕事の学びを家族が高知県で実践する有機農業で活かしたいと考えています。一橋大学の経済学の修士号を取得後、カーネギーメロン大学オーストラリア校の公共政策及びマネジメント学の修士号を取得。日本語を母国語とし、英語に堪能。